最新情報

学ぶ・伝える

「学校現場での子ども虐待予防教育推進のための取組み」へのご支援に感謝

<阪神高速未来(あす)へのチャレンジプロジェクトの助成団体に決定しました>

このプロジェクトは、阪神高速道路(株)が、グループ会社6社及び(一財)阪神高速地域交流センターとともに、【阪神高速 未来へのチャレンジプロジェクト】としてスタートされたものです。市民団体が阪神高速道路沿線で行う公益的な活動に対し助成を実施されるもので、持続可能な開発目標(SDGs)の目標の1つである「17.パートナーシップで目標を達成しよう」で示されているように、協働により社会課題の解決を図り、地域・社会の持続的発展及びSDGs達成へ貢献していくものです。
 審査の結果、当協会の事業「学校現場での子ども虐待予防教育推進のための取組み」への助成を決定していただきました。
 プロジェクトの詳細は、こちらをご覧ください。

私たちは、これまで子ども支援事業として、主に高等学校での子ども虐待予防授業の充実ため、出前授業や冊子「『子ども虐待』について学ぼうとしている皆さんへ」(こちら)の作成、教員の方々との意見交流会や合同研修会の開催などに取り組んできました。
 この度の助成を受け、有志の教員の方々にご協力いただき、さらに教員向けの授業実践の手引きとなる冊子作成事業に取り組みます。
 今回作成する手引書が、冊子「『子ども虐待』について学ぼうとしている皆さんへ」(改訂版を花王ハートポケット倶楽部のご支援により作成)とともに、学校での授業に活用され、一人でも多くの高校生に子ども虐待予防の視点を持ってもらえるよう取り組んで参ります。

新着情報一覧

応援する

私たちの活動は皆様からのご寄付によって支えられています。
引き続き皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

※認定NPO法人児童虐待防止協会へのご寄付は税額控除の対象となります

詳しくはよくある質問をご覧ください。